お問い合わせ

施工事例

西大寛の家

素足が気持ちいい家

昭和の面影を今に残す静かな袋小路 その小道の突き当りが西大寛の家です 間口の狭いこの地で いかに開放感を出せるかが設計のポイントとなりました 外観は切り妻屋根のシンプルな層二階 柔らかな土色の外壁 そこから三角に張り出した大きな木造バルコニーが特徴的なデザインの家です 玄関は個性的な板土間で その続きにはご家族共通の趣味であるスキーの板をゆっくり収納できるスペースを設けました 板土間に履物を脱ぎ床に足を置けば 杉の浮造り(うずくり:凸凹仕上げ)縁甲板の足触りの良さに訪れた人は「素足になりたい」と思われることでしょう 玄関ホールから杉の戸を開けると 広々としたリビングダイニングキッチンが広がります そこは構造をあえてスケルトンに見せ 大きな吹き抜けに上るストリップ階段が目線を抜けさせ 限られた空間をより広く見せるデザインとしました 二階はあえて天井を張らず屋根裏を見せるデザインとし その高さを空間に取り入れました ホールから吹き抜けを橋のように渡る廊下を行くと その先に広々とした木造バルコニーが広がります たまには日ごろの忙しさを忘れ 夕暮れを眺めながらここでグラスを傾けるのもいいでしょう 外断熱と遮熱の効果で一年中心地よく 木の香り漂う 素足が気持ちいい家となりました