お問い合わせ

施工事例

古河の家

古い町並みに溶け込む家

松並木の旧市内 今も古き良き時代の街並みが残る その街道沿いに古河の家はあります 長年ご両親から受け継がれた古民家に息子さんと三人で住まわれていましたが 古い設備や間取りの不便さ・外と同様の温熱環境等 家事をされる奥様への負担軽減や 中学生になられた息子さんの部屋の確保等を考慮され 建て替えを決断されました 旦那さんのご要望は「自然素材の家」でした そこは我々の得意分野 何度も「注文住宅 杉の家」の自然素材仕様を二棟のモデルハウスでご確認いただき 計画を進めさせていただきました 外観デザインは街道筋の落ち着いた雰囲気に溶け込むことをメインテーマとしました 屋根はやさしく緩やかな曲線を描き 二階から一階まで一枚で下ろす大屋根とし 上り梁で一階のウッドデッキまでかかる深い軒を実現しました 外壁は歴史を重ねた蔵のイメージで左官が鏝仕上げました 玄関戸を引くと砂利洗い出しの土間が続き 家の中へと導きます 一階の中心となるのはキッチンから居間へと続く大広間 その白壁伝いに視線を上げれば壁は大屋根まで上る そこに組まれた鳶色の梁 表面に刻まれたチョウナの跡が古民家を想わせます 二階は吹き抜けを見下ろす書斎や 男の隠れ家的な屋根裏部屋があり 遊び心をくすぐる設計となっています 地元の杉と紙と土で造った自然素材の家ができました